banner

作業ステップ

会社設立で行っていく作業のステップ

会社設立ではやらなければならないことを順番にステップを踏んで行っていくことが求められています。このステップでは、確実に行わなければいけない共通の事柄として、定款の作成及びその認証を公証役場で受けること、法務局で登記を受けることは共通です。しかも一つ一つ確実にステップを踏んで処理を行っていくべきものですから、同時進行はできません。たとえば、定款の認証を受けている間に法務局で登記申請は出来ないわけです。

会社設立では、その法人の種類によっても手続きが若干異なります。したがって、民間企業である合同会社や株式会社などと、役所からの制約を大きく受ける非営利活動法人とでは異なるわけです。会社設立ではこの法人の特色の違いも把握をしておかなければなりません。
会社設立では、一連の作業についてそれぞれ士業の専門家に依頼をして、代行申請をしてもらうことも可能です。無論、士業の専門家にそれぞれ依頼をするわけですから、依頼料は相応に徴収されてしまいますが、それでも士業の専門家に任せることで安心して作業を委託することが可能です。この間に、士業に依頼をしない案件や事業を継続して行えるようにするための段取りを行っていくことが考えられるところです。
法務局での登記申請の代行は司法書士に任せ、会社設立後の税務署や地方自治体の税務担当部局へは税理士に依頼をすること、さらには厚生年金や社会保険などの代行申請を社会保険労務士に依頼することなどで、士業に面倒な書類作成や申請代行は任せてしまえば、その間に出来る時間を有効に活用することも可能でしょう。

会社設立では、設立後の助成金などの申請も考える余地があるものです。特に助成金の申請では、従業員を雇用することで受け取ることが出来るものなど様々な種類があり、登記が完了したときつまり会社設立の認定があった時を基準として請求が出来るものが多数存在します。
請求ができるものがあることなどは役所側は通常教えてくれません。自ら確認をするかあるいは社会保険労務士等に代行申請を依頼する中で、確認をしてもらう他ないわけです。士業の専門家に任せっきりになるのではなく自らもある程度はしっかりと学んで、対応を考えていくことが非常に重要になります。したがって、会社設立を行う側も自ら学ぶ姿勢が非常に重要であり、貪欲に知識を得ていく姿勢こそが求められています。得た知識を行動によって価値あるものにすることも必要でしょう。

Copyright © 2016 会社設立を始める前に知っておくべきマル秘情報All Rights Reserved.